ポスティングの業者を選ぶ方法やポイント

ポスティング業者を選ぶ時に重要になってくるのは「エリア理解」と「誠実さ」です。そもそもポスティングというは、特定のエリアに広報を目的とするチラシをポストの中に配ることです。どんなにオシャレなデザインで内容のおもしろいチラシを作ったとしても、全く見る気のない人の元へそのチラシを配付してしまったら、ただのお金の無駄遣いになってしまいます。そこで、配布するエリアを理解したプロの業者に「このチラシは、地域のどこに配付すれば費用対効果が最も高くなるのか」を相談することによってポスティングの効果も何倍にも変わってくるのです。さらに、誠実であることも重要になってきます。配布時期や配付エリアについての相談も大雑把にされたら、成果がきちんと出ないばかりか不信感もわいてしまいます。そこで、顧客の質問にも丁寧に答えるような対応のきちんとした業者を選ぶことをお勧めします。

ポスティング業者のホームページをチェックしてみましょう

また、業者の中にはポスティングの質を向上させるために、スタッフ管理を重要な課題と捉えているところがあります。そのような業者は、スタッフの採用にあたって厳しい基準を設け、採用した後も専任のスタッフが新入社員の研修を担当し、一人前になるまでしっかり教育するというような体制をとっている業者もあります。そこで、ホームページをよく確認して選ぶようにしたいものです。また、そのような業者はすべてのスタッフにGPS端末を携帯させて本社のパソコンで一元管理をし、当日のスタッフの軌跡を専用のソフトで地図上に表示し、通った道と通っていない道をチェックするだけでなく、何時何分にどの場所にいたか記録しています。これにより、スタッフの移動したルートを把握でき、より信頼性が高い仕事を提供する業者が増えてきています。業者についての情報をしっかり集める事で、自分達の目的に合ったポスティング業者をしっかりと選びたいです。

ポスティングといってもただ配るだけの業者はダメなのです

また、ポスティングの業者の中には、指定されたチラシを指示通りに配布するだけの業者と、目的に合わせて集客までサポートする業者の2種類があります。いわゆる前者は配り屋で、後者は制作から配布までを総合的に提案する業者です。仕事の依頼をする時は、業態や業種、ポスティングの目的をきちんと相談できる総合的に仕事をする業者を選ぶことをお勧めします。そのような業者では、最近ではGISを使う業者も増えてきています。GISを活用することで今まで曖昧だったエリア設定も根拠に基づいた戦略を立てられるようになってきたのです。GISとは、地理情報システムのことです。また、それと合わせて国勢調査や推定年収階級別データ、商業統計等の基礎的析することによって、これまでできなかった真のターゲットの絞り込みを行い、配付エリアの絞り混みにも力を入れていてお勧めです。